何でもない日常こそが幸せを感じる瞬間です

幸せだなあと思う瞬間、それは、その日一日が平穏無事で終わった時です。
仕事柄自動車を運転する事が多いですが、会社の先輩から教わった事があり、
「車を運転する時は、出発前に生きて帰ってくるぞと心の中で誓い、帰って来たら今日も生きて帰って来れたと思う事こそが、事故を遠ざける運転者になれるコツ」という事でした。
それを聞いて、私は高望みばかりしているから幸せを感じる事が少ないのでは、と思うようになりました。
どんなに仕事が辛くても、ちゃんと定職に就いて毎月安定した収入が得られていれば、それも幸せな事じゃないかと。更に健康なら究極の幸せじゃないかと思うようになりました。車の運転も無事故無違反で一日終われば幸せな事だし、それが仕事であれ余暇の趣味であれ、目的を達成出来ればこれも究極の幸せじゃないかと思うようになりました。
確かに、ちょっとした不注意で大きな事故を起こせば、今までの日常が全部奪われ、いきなり生き地獄が始まるわけです。体を壊すと、仕事も趣味も自由にできなくなります。
仕事がなくなれば、無収入になり生活すら出来なくなります。
私が感じる幸せを感じる瞬間は、「一日が無事に終わった」時です。先輩の何気ないアドバイスから教わりました。
仕事が無事に終わり、休日ならトラブルなく楽しく過ごせたり、体調不良もなく健康に過ごせたり、そんなことを考えながらお風呂に入って寝床につく。この瞬間こそ究極に幸せと思う瞬間です。平穏な日常を過ごせる事に感謝し続けていきます。ペアーズにはサクラっているの?