家族と暮らす時間の中にある私の幸せ

私にとっての幸せは家族にあると思っています。私が育った家庭環境は平凡よりは少し変わったものだったと思います。両親は仲が悪いと言うほど悪くはなかったですけど、喧嘩は絶えなかったし、離婚の危機もたくさん迎えていました。父親はあまり家に居なかったし、自営業だったので母親は仕事と家事で夜遅くまで働いていて、夕飯なんかはいつもきょうだいだけで食べていました。そんな家族の中でも育った私は、現在結婚をして二人の子供に恵まれました。夫は仕事が忙しくても子供との時間を大事に考えていて毎日遊んでくれますし、平日は夫の仕事が遅くて一緒にご飯を食べることはすくないのですが、休日の昼間は家族が揃って食卓を囲んでわいわいと話をしながら食べています。そんな瞬間にふと幸せを感じます。自分には無縁だと思っていたこの光景が目の前にあるんだと思うと嬉しくてじんわりときて、幸せになれたんだなと思います。他にも夫と子供がじゃれあっているのを見たり、出掛け先で手を繋いで歩いたり、たわいものない会話で笑いあったりしている瞬間にこんな笑顔の絶えない家族になれてほんとうに幸福者だと。私は結婚後すぐに子供が出来ずに不妊治療を始めたのですが、それでも3年は出来ずに悩んでいた時期がありました。周りを羨んだし、皮肉になったこともありました。自分には子供は一生出来ないのかもの落ち込んでしまった時もありました。それでも諦めずに頑張って続けた結果、双子の男の子を授かることが出来たんです。その苦しみがあったからこそ、今子供といる時間は全て幸せなことなんだと思っています。時には怒ってしまったり、うまくいかなくて泣いてしまうことありますけど、それでもふとした幸せを常に感じていけるようにあり続けたいと思います。婚活サイトのランキング